習字教室に通って字はキレイになったのか?!

習字教室 習い事

字がキレイになりたい!

皆さんは字をきれいに書けますか?

わたしは字をきれいに書くのが苦手でした。

でも、習字教室に通いはじめてから、字を書くのが楽しくなりました♪

今回は、小4から6年生になった今も通っている、習字教室の感想を書いてみたいと思います!

習字を習って、一番よかったことは?

習字の練習を1年半やってきて、いちばんやっててよかったことは、やっぱり字がきれいになったことです。

自分ではあまり気づかなかったけど、段々パパやママ、おじいちゃんや、おばあちゃん、友だちにも

「上手になったね」

と言われるようになってきました。

いつもほめられているわけじゃないので、ほめてもらえると、うれしくなります!

特にママは、字がキレイになりたいらしく、もうママより字はきれいになっているかもしれません。( ̄▽ ̄)

あと姿勢もよくなりました。

ちなみにこのブログのタイトル文字の「小6のブログ」は、私が筆で書きました。

ブログタイトル

習字教室に通いはじめたきっかけは?

わたしは、字をきれいに書けるようになりたいと思って、習字教室に入りましたが、きっかけは友だちでした。

学童から一緒の仲よしの友だちが、同じ学童で習字を書いているのを見て、面白そうと思ってはじめました。

習字教室ではどんな練習するの?

習字は基本、半紙に筆で書く、毛筆の練習が多いです。

先生が書いたお手本を見ながら、練習します。

また習字には、鉛筆で書く硬筆もあります。

毛筆は最近、

「快速列車」

「緑の大地」

「読書」

などの字を書きました。

硬筆は最近、

「私は保健室の先生を目指したい。」

「深呼吸で気持ちを落ち着かせる。」

などの字を書きました。

硬筆は長い文が多いです。

書道家の青柳美扇さんみたいなアーティストになりたい?!

ちょっと前に、情熱大陸で書道家の青柳美扇(あおやなぎ びせん)さんが紹介されていました。

美扇さんはとてもキレイな人で、字を使っていろんな素敵なアート作品を作っています。

美扇さんのサイトはこちら

書道家/書家 青柳美扇
書道家、女性の書家である「青柳美扇」のサイトです。海外でも活躍し、書道パフォーマンス、空間デザイン、筆文字のロゴなどの依頼を請け負っています。

いつか実物の作品を見てみたいです。

私も習字だけじゃなくて、字を使って何か作品を作ったら面白そう!って思いました。

作ったら、ブログで紹介したいと思います。

習字教室を1年半続けた感想

習字教室を1年半続けてみて、はじめは、あまり上手く、字を書くことができなかったけど、続けていくと、段々と字が上手くなっていったことが、うれしかったです。

習字をやると、集中もできるし、漢字とかの書き順も一緒に、覚えていくことも出来て、よかったと思います。

続けていくと、毛筆と硬筆の級が、段々上がっていったので、もっと上がるように、これからも頑張りたいと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

記事がよかったと思ったら、バナーを押してもらえるとうれしいです^^

にほんブログ村 中学生日記ブログへ


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 中学生日記ブログへ


習い事
シェアする
中1のブログ